出産レポ3 (ややことの出会い)

陣痛開始からおよそ2時間半。主人を分娩台代わりにしていきむこと数回。

副院長先生「そんなにのけぞった体勢していたら出てくるものも出てこないわよ」
相変わらず厳しい(汗)

でも副院長先生は正しかった。全然進まないお産に院長先生も
「これじゃ分娩台行きだな」

私「(心の中で)へー、フリースタイルでも分娩台があるんだ」

隣の手術室の分娩台になんとか移動。正直分娩台に乗ってからの方が断然楽でした。
せっかくのフリースタイルの産院でしたが、私には分娩台が合っていたみたいです(笑)。

何度もいきむものの、ベビーの頭が出たり引っ込んだりを繰り返してなかなか出てこない。

陣痛に合わせて院長先生が踏み台に乗ってお腹を押して助けてくれましたが、
それでもなかなか出てこない。

副院長先生「ご主人。バナナ食べさせて。」

えー、このタイミングでバナナ?食べたくないし。でもとりあえず一口。
私「(主人に向かって)もういらない」

副院長先生「ご主人、遠慮せずに口に入れちゃいなさい。
やこさん、あなたスタミナ切れよ。バナナ食べないと出てこないわよ。」

私「はい、食べます!!」←と言わざるをえない迫力・・・

そして陣痛がやってきた!思いっきりいきむ。
主人が私の手をつかんで下へ。「ほら、頭が出てきた。」←バナナ効果?!
びちょびちょに濡れた髪の毛が手に触れました。

一気にテンションがあがりました。

さらに院長先生が「次がラストだな」と一言。
どういう意味?次で出てこなければ切開?それとも吸引?

よーし、次のいきみで絶対産もう!と思いました。
裂けちゃってもいいから、思いっきりいきもう!!
ややちゃん、次で会おうね!!ママ、ありったけの力で頑張るよ!

私「(陣痛)きましたー。いきみますーー。」

院長先生がお腹を押して、助産師さんが魔法の手でオイルマッサージ。

院長先生「もういきまないで。力抜いて。」

え??どういうこと??急に力を抜いてって言われてもありったけの力が入ってて
うまくコントロールできない。

すると赤ちゃんの泣き声が聞こえて、お腹の上にベビーが乗せられました。

わ~、産まれた!!お腹が温かい!!

主人と目が合って手を握り合いました。
私たち、お父さんとお母さんになったんだね。

へその緒は主人が切りました。後で感想を聞くと「コブクロみたいだった」
おいおい、モツですか(笑)

この後ベビーは身長や体重を計ってもらってお洋服も着せてもらい、
私がおシモの治療や着替えをしてもらっている間、主人がずっとベビーを抱っこしていたそうです。
この時の主人の匂いを覚えたのか、ややちゃんは主人の抱っこが好きね^^。

そして私の治療が終わった後は、分娩室で家族3人で2時間くらいまったりとした時間を過ごしました。
主人に「隣で寝ているこのベビー、この子は本当に私から出てきたの?」
と何度も聞いたのを覚えています。
だって産んだ私は出てくるところが見えなかったから。
そういう意味では立ち会いのパートナーの方が冷静に出産の進行や過程を見られますね。
正直私はところどころ記憶が曖昧です^^;;

こうして日曜日の朝がやってきて、私たちのマタニティライフは終わり、晴れてベビーに会うことができました。

産まれてきてくれてありがとう。私をお母さんにしてくれてありがとう。
あなたに会えてとっても幸せです。

陣痛開始から4時間弱、経産婦並みのスピード出産でした♪♪

長々と読んでいただきありがとうございました。


にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠後期へ
にほんブログ村
[PR]

by yakohealthy | 2012-09-28 11:50 | マタニティーライフ(10か月)
line

初めての妊娠で9月16日女の子出産しました。アラフォー新米ママのマタニティ&子育ての記録です。


by yakohealthy
line